学童保育料の負担軽減を – 太田市議学童保育連絡協議会と懇談

太田秀子市議は2018年6月20日、「学童保育連絡協議会東ブロック」の皆さんと懇談をしました。
指導員や保護者のみなさんから、「札幌市立小中学校の適正化に関する基本方針」に基づいてすすめられている小学校の統廃合によって、学童保育に及ぼす影響と不安が語られました。
また「保育料が保護者の大きな負担となっており、学童保育に入りたい家庭の壁になっています。札幌市の保育料軽減は30年前と変わらないままなので、保育料への補助をしてほしいです」などの要望が出されました。太田議員から、札幌市の子どもに関わる予算の内容が報告され、出された要望を実現するため一緒に頑張りましょうと決意が語られました。
平岡だいすけ市議も同席しました。

RICOH IMAGING

街かど市政報告会

税金の使い方を見直し、社会保険料への繰り入れや、教育費に使おう

6か所で街かど市政報告会

2018年5月25日、北丘珠・中沼地域6か所で街かど市政報告会をとりくみました。

私は、「安倍政権の暴走は目に余ります。一つ一つの問題に真摯に向き合おうとせず、事実を語りません。私たちの暮らしも子どもたちの未来も安倍政権に託すことはできません。一刻も早くやめさせましょう」と呼びかけました。

どんどん削られています

さらに「安倍政権の下で、社会保障費がどんどん削られています。札幌市で暮らす皆さんにも大きな影響があります。今年4月から介護保険料があがりました。札幌市が独自で一般会計からの繰り入れをすることで、保険料があがらないようにすべきだと、市議会で求めました。今年の札幌市の予算を見ますと、1兆円を超える規模の予算となりましたが、民間の再開発には400億円をこえる補助金です。税金の使い方を見直すことで、今の予算のなかでも、社会保険料への繰り入れや、子どもたちの教育費へと使う予算は十分つくりだせます」と訴えました。

スーパー前では、16名の方が耳を傾けてくれました。

RICOH IMAGING

市政報告会開催

2017年12月10日(日)伏古・東苗穂地域で市政懇談会が開催され、40名の参加者がありました。
太田秀子市議からは、終了した3回定例議会での、予算の使い方の討議、海外視察が再開された問題について話がありました。

福祉関係に市の予算を沢山出していると報告されているが、国・道の補助を考慮するとそれほどでもないことが指摘されました。一方で民間開発の補助に400億円も出していることを考えると、2019年選挙で日本共産党議員の数を増やして委員会での検討をより市民目線に変えることが必要と語りました。

開催中の4回定例議会では、今まで訴え続けてきた「精神3級の交通支援」が実現しそうな状況にあり、「運動の継続が大事です」と報告がありました。

会場からは次々と質問があがり、創成川の再開発についての質問に対しては、太田市議が問題点を明らかにしました。

宮川じゅん道議も参加し、報告をもらいました。

市政報告会開催

1

2

 11月20日太田事務所にて道政・市政報告会が30名の参加で行われました。

 太田市議からは、今問題になっているアスベスト問題について「文科省から調査依頼が来ていたにもかかわらず、予算要望を財政局が却下した」ことにふれ、繰り返さないために責任を明らかにするとともに、実証実験を行い、児童・職員・付近住民の健康を守ることに対し長期の責任を持つよう求めたことを報告しました。

 アクセス道路・市住建て替え・冬季オリンピック・地域の道路・信号機など市政への幅広い質問と要望が出されました。

光星地域で国保問題の学習会

9-3-cut

 10日、光星地域で国保問題の学習会を開き、15人が参加しました。太田秀子市議会議員が、報告をしました。「国保料が高くて払えない、という世帯が多いことは、市のデータでもあきらか。しかし札幌市は、国の支援金が出たことを理由に、一般財源からの繰り入れを削減し、国保料の負担を減らそうとしていない。住民運動がみのって、国保料を下げ、納入率もあがった自治体もあり、札幌でも実現できるようにがんばりたい」とのべました。
 参加者からは「娘の奨学金の返済に苦労し、今度は、保険料負担に悲鳴をあげている」「能力に応じた負担ではなく、とられっぱなしだ」など寄せられ、国保料引き下げ署名に全力でとりくむことを誓いました。

子ども食堂の方々と懇談

8-24

 8月24日、白石区の子ども食堂「えこふりぃCafé」に札幌市議団から伊藤、小形、太田、池田、平岡、田中各議員と稚内市議団の佐藤ゆかり議員で伺い、スタッフの方々と懇談しました。
 現在は店舗の売上、商店街の協力や市民の募金などで運営しており行政の支援はありません。
 今後、市議団で市内各地に展開されてきている「子ども食堂」へ行政としての役割を提案をしていきます。

2年目へ向けての市政報告会

 

IMGP0554

   5月22日太田事務所において38名の参加で「道政市政報告会」を開催しました。
   太田事務所は、昨年6月に事務所を開きちょうど1年となりました。
   初めに、太田市議から秋元市長になって最初となる予算の内容について、広報さっぽろ4月号を資料に報告がありました。
   予算の骨子は大きく4つ、くらし・産業・エネルギー・都市空間です。建設事業費や建設債は前年度比で増える一方、子どもの医療費の充実は先送りするなど、市民の要求からは遠いものになりました。
   市長提案の議案は36本、日本共産党は12本に反対、24本に賛成。自民・民主・公明党はすべてに賛成し、予算は成立しました。
   また沖縄で起きた事件について触れて、フィリピンでは外国軍基地原則禁止条項を作り、100年続いた米軍基地を撤去させ、その後米国と友好関係を築き、東南アジアで平和の地域共同体を作っています。日本でも米軍基地は、日米安保条約10条に基づき、国民の意思で撤退させる事が出来ます。
   参議院選挙で必ず躍進させてくださいと訴えました。

札幌市議会訪問 – 東区の有権者のみなさん

東区の有権者の皆さんが、札幌市議会を訪問されました。

4-18

   最初に太田秀子と平岡だいすけ(札幌市議)から、議会の構成や、議員の活動などについての報告がありました。そのあと、議会事務局の職員の案内で、本会議場、委員会室、日本共産党控室などを訪問しました。

   初めて参加された方がほとんどで、普段、報告会や街頭宣伝など「口頭で聞いている話で、想像だけでしたが、実際の会場の空気を感じることができました」と感想を述べていました。また、「大人の有権者だけでなく、小中学生や高校生にも呼びかけては」・・・との意見もだされました。

  本会議室では、市長や議長の席、東区選出の議員の席などを確認して、壇上で記念撮影をしました。

身近な要求話し合える、日本共産党のつどい

2-20-10bb7bc8e-91b3-4485-acbc-89dc36c425e5f6bc2f89-ec99-4d17-bd02-5b8c43ef1007

 1月31日伏古記念会館にて46名の参加にて参議院選挙躍進東苗穂・伏古ブロック2016新春の集い開かれました。

 市議会報告にたった太田秀子市議は、「当選直後地元住民から危険道路の解消の要望がさっそく出され、警察・土木などへ要望し『危険注意』の看板が立てる事が出来ました。

 市議会の中では、保育料の軽減で運動すれば前進することが分かりました。身近な要求もぜひ取り上げてほしい」と報告しました。

 東区には、大友亀太郎と言う開拓者がいて今年150年目の節目の年であり、たまねぎ「札幌黄」の生みの親でもあります。伏古には札幌黄のアイスがあり地元愛で食べて下さいと紹介しました。

 マジックショーでは、軽やかな音楽に乗って次々と技を繰り出しみなさんを楽しませてくれました。飛び入り参加のダンスは、軽やかなステップで大喝采でした。
ビンゴゲームは、参加者全員に景品が当たり大満足でした。

 締めのあいさつでは、「楽しい時間はすぐすぎます。参議院選挙もそこまで迫っているので今日からがんばりましょう」と訴えて躍進を誓い合いました。

伏古・東苗穂地域で市政懇談会開催

 

RICOH IMAGING

 伏古・東苗穂地域の「太田秀子市政懇談会」が11月15日(日)、太田事務所にて行われました。小雨降る中37名の参加がありました。

 最初にフランステロとの関係で戦争法のますますの危険性が出てきて、市議会の様子と合わせて運動の強化が求められていると報告しました。

 市議会の報告を「日本共産党札幌市議団ニュース」を使い詳しく行いました。「就学援助の入学準備金6月実施では遅いので入学以前にしてほしい」と他都市の実例を示しながら迫ったこと。「アクセス道路問題」では、「建設ありきの」調査予算のつけ方ではないかと質問。市民の要望は「北ICのスムーズな通過や除雪による道路幅の確保にあるのでは」と報告しました。また「さわやかごみ収集」制度では、とても良い制度なので困っている人にはより普及していくことを訴え、実際にこの制度でごみパト隊が訪問し命が救われた利用者もいることを紹介しました。

 最後に札幌市の行政は、国と密接に関わっています。暮らしを良くしていくには、市政とともに国政の変革が必要と訴えました。

 懇談では、「さわやか収集はマンションでも可能ですか」「燃えるごみ収集の時間が遅くカラスにやられる」「救急車の有料化が検討されている話を聞いたが」「冬季オリンピックは」「秋元市長の政治姿勢は」など身近な問題から国政にかかわることまで話題がでました。